pole*pole*room

ケアーンテリアまふぃん&引退犬ロレーン&スティングとのまったりな毎日をコツコツ綴っています。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介助犬のトオル君

今日は介助犬協会の方の協力で
聴導犬、盲導犬と介助犬の違いやデモを
見せていただいた。
実際に車イスや犬へのコマンドを子どもたちに体験させてくれたり
たっぷり時間を裂いてくれました。
子どもたちもとても真剣に参加していました。

いやあ~トオル君なによりユーザー役(協会のお姉さん)から
目を離さない。

それまでは体の不自由な方の腕代わりで
少し無理してるのかな?と
思っていたけど
トオル君は活躍するごとに
生き生きとして見えたので
ちょっと安心しました。
ま、トオル君は立派な介助犬になるには
もう少し訓練がいるようで
今日はPR犬としてがんばっていました

あの子たちこそ、人間に嫌なことなどを
されたことがないのだろうな。
ユーザーが感謝し介助犬はそれを受けて喜ぶという
人間と犬との共存をうまく活用しているのだと
納得することにしました。
しかし介助犬って日本に37頭しかいないのはびっくり。

スポンサーサイト

Comment

悲しいかな 

介助犬とかを育成するのって結構なお金がかかるらしい。
で、日本って国はそういうところにはお金が回らないようにできているんだか何だか、とにかく資金不足らしいよ。
動物で儲けてる企業とかにも協力してもらえたらいいのになぁ。
でも、そんなトオル君を見て子供たちが何来かを感じてくれて将来に繋がるといいね~。
  • posted by フーママ 
  • URL 
  • 2007.01/24 18:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうらしいね 

盲導犬協会には結構補助が多いらしいけど
介助犬はほんとにお金ないのだって。
なのに子どもたちに反射シールなんかくれたんだよ
みんなおこづかいの中から少しだけ寄付してほしいな
  • posted by まふママ 
  • URL 
  • 2007.01/24 20:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

介助について

介助介助(かいじょ)とは、病人、障害者、高齢者など、日常生活行動(ADL, Activities of Daily Living)、もしくは動作(リハビリテーションでは、日常生活動作という)、例えば入浴、食事、排泄、移動、衣服の着脱などといった最も基本的なものについて、自分で行える度

ご案内

最新の記事

プロフィール

管理人:まふママ

Author:管理人:まふママ
ケアーンテリア3匹と飼い主の
犬とバラ育ての日記です。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。